筋トレをするとハゲるってホント!?【解決】

391024_1

最近、カラダがなまっているので筋トレをはじめようと考えている管理人。

筋トレしたら男性ホルモンが活発に分泌されるよね。テストステロンが分泌されるよね。これ抜け毛増えるんじゃないの?

と、思ったわけです。そこで詳しく調べた結果をここにまとめたいと思います。

結果からいうと、影響ありそうです(T_T)

ハミルトンの実験

1942年にアメリカのジョージ・ハミルトン博士がすっごい実験を行っていました。ちょっと昔のアメリカは恐いんです( ゚д゚)

実験内容は、睾丸の切除!!

成人を過ぎた囚人を対象にした実験です。昔のアメリカは囚人を人と思ってないですから何でもあり…

睾丸は男性ホルモンを95%もつくる大事な機能。それを切除すると、とうぜん男性ホルモン(テストステロン)は劇的に減ります。劇的に男性ホルモンが減るとどうなるか?

実験結果は以下の通り。

  1. 睾丸を切除された囚人は薄毛になることはなく、元々薄毛の囚人はそれ以上薄毛が進行しなかった。
  2. 元々薄毛で睾丸切除により薄毛の進行が止まっていた囚人にテストステロンを注射すると、再び薄毛が進行した。
  3. 元々薄毛でなかった囚人は、去勢後にテストステロンを注射しても薄毛にならない。

これだけでもうお分かりですよね?筋トレで男性ホルモンが多く分泌されると、薄毛が進行します。

でも、ちょっと待って!

抜け毛の原因は、5α-リダクターゼとテストステロンが合体してできるジヒドロテストステロン(DHT)です。テストステロンではありません。

でも、テストステロンが増えると合体する確率が上がりますね。ん~、やっぱり薄毛に関係あります(T_T)

検索上位30はどういった意見か!?

com391024_1

ざ~っと「筋トレ 薄毛」「筋トレ ハゲ」などのキーワードでグーグル検索してみると、「テストステロンが増えるだけで、ジヒドロテストステロン(DHT)は増えないのでハゲない」「筋トレでハゲるならスポーツ選手はみんなハゲになる」という意見がありましたが、もっとも多い意見は「半分ホントで半分ウソ」とう意見。

5α-リダクターゼとテストステロンを結びつける力が強い人はハゲる。弱い人はハゲないという意見ですね。

だから、もともと薄毛で悩んでた人(ハゲやすい人)が筋トレをすると、さらにハゲやすくなる!ということ。

この意見に私も納得です。

さぁ、私は筋トレをはじめたでしょうか?

控えめに始めてみました…

筋トレの効能って結構あるんですよ。

他にも調べてみた結果、ざっとこんな感じ。

  • 血行が良くなって、高血圧や心臓病の予防になる。
  • 骨が強くなって、骨粗しょう症の予防になる。
  • 脳の記憶中枢「海馬」の血行がよくなって、記憶力がよくなる。
  • 大腸がんの予防になる。
  • 体温が上がり、免疫力がついて病気になりにくくなる。
  • 成長ホルモンを分泌して、若返る。
  • 基礎代謝が上がり、やせやすい体質になる
  • セロトニンが分泌され、うつ病の予防になる。
  • ドーパミンを分泌され、気分を高揚させる。
  • ストレス解消になる。

薄毛になるかもしれない以外は良いことだらけ。血行よくなって「発毛」という意味ではイイ気がするんですけどね。「抜け毛」という面ではダメなんですよね~

まとめ

まとめると、「もともと薄毛の人は筋トレでテストステロンは増加するので程々に!」ということ。でも、そこはプロペシアで5α-リダクターゼを阻害して乗り越えよう!

プロペシアを飲むと筋肉が低下するという噂もありますが、テストステロンに働きかけるわけではなく、5α-リダクターゼを阻害するだけなんで、理論上はありえません。

薄毛だけど、筋トレしたい人は、今より抜け毛が増える可能性は高くなるけど、しっかりプロペシアでケアしてたら大丈夫かな??絶対とは言えないので、経過をみながら筋トレを続けるかどうか考えよう!

これが私の答えです。

筋トレして健康的に生きるぞ!(抜け毛の様子をみながら…)