フィナステリドはやっぱりプロペシア!エフペシアから替えた理由

フィナステリドと言えばプロペシア!プロペシアのジェネリックと言えば、少し前ならフィンペシア、今ではエフペシア!(フィンペシアには過剰に摂取するとカラダに害があるとされるキリンイエローが含まれているため、今ではエフペシアの方が人気)

ということで、私はいままでエフペシアを利用していました。エフペシアは安くて良かったんですよ。

フィナステリドが入っているという点ではプロペシアと同じです。なのに価格は雲泥の差!プロペシアとプロペシアジェネリックたちの価格差はこんな感じです。

更新
プロペシア フィンペシア エフペシア フィナロ
錠数
価格
1錠あたり
月間費用
年間費用

「おぃ!」ってなるくらい価格差がありますよね。じゃあなんで激安なエフペシアからプロペシアに替えたのか?

理由は非常にシンプルです。

  1. 抜け毛が増えた
  2. ジェネリックしか知らない
  3. もしかして偽物かもしれない

順番に詳しく説明していきましょう。

 

抜け毛が増えた件

最近ちょっと抜け毛が増えてきたんです。「なんで?」かはわかりません。エフペシアのせいなんでしょうか…

おそらく一番の要因はエフペシアではなく「秋」という季節のせい。そう思っています。信じてます。

季節の中で抜け毛が一番多い季節は「秋」というのは知っています。夏に浴びた紫外線で頭皮はボロボロ気味。さらに汗でムレムレの頭皮環境は育毛にとっては最強の敵。

その被害は夏の終わりから秋にかけてやってきます。

毎年そうなんですけど、今年は多いですね。確かに海行ったり、キャンプしたり、バーベキューしたり、いつもより精力的に楽しみました…心当たり大ありです。

でもでも、ジェネリック医薬品には効果にブレがあると思っています。成分の有効性が同じとはいっても、製法は異なるからです。しかもエフペシアはインドで製薬されたプロペシアジェネリックなので、日本の精密な製法と比較すれば効果にブレがでるのは仕方がないと勝手に思っています。(完全に根拠はありません)

と、この件については「秋」のせいなのか「エフペシア」のせいなのか、ハッキリしていません。ハッキリしていないのでプロペシアで確かめようというキッカケになった次第です。

 

ジェネリックしか知らない件

これまでずっとプロペシアのジェネリックで育毛に励んでいました。つまり飲む育毛剤の王様であるプロペシアを経験したことがなかったんです。フィナステリドの本家を知らない…

これは育毛サイトを管理している立場としてイケません。かなりイケません。

本物を知ってからジェネリックを利用して、効果が本当に同じかを検証しないとダメな気持ちが湧いてきたのです。

これが一番大きい要因です。

ということで、少々お高いですがプロペシアを数ヶ月経験してみようという気持ちの変化がありました。

 

もしかして偽物かもしれない

下の画像が実際のエフペシアとプロペシアです。エフペシアは単なる真っ白な錠剤。片やプロペシアは刻印が入って高級そうな本物の雰囲気。

全然高級感が違います。「エフペシアなにこれ?」と思うくらいプロペシアはしっかりした製法で作られてるんだな〜と感じました。
エフペシアとプロペシア

錠剤が入っている入れ物もこんなに違います。エフペシアは10錠を普通に収納。片やプロペシアは7錠を豪華収納!なぜ8錠にしなかったのかは不明です。(空いている部分は特になにも入っていません)
エフペシアとプロペシアの入れ物

なんか頑張れば私だってエフペシアの偽物を作れそうな気がします。だって単なる真っ白い錠剤ですから。ちょっと不安になりました…

でも1錠20数円のエフペシア、偽物を作ってもほとんど利益は出ないはずです。豊かな国の人はまず作らないでしょう。

でも貧しい国の人なら…と考えると1錠数円の利益が出るなら危ない橋を渡るんじゃないか…とたまに思うことがあります。そう思えるほど簡単に作れそうな安物感。だって単なる真っ白い錠剤ですから。

でも入れ物は素人が簡単に作れるものでもないので、やっぱり利益のでない低価格の偽物は作らないですかね。一応入れ物比較画像も載せておきます。
エフペシアとプロペシアの入れ物2

しかしながら、エフペシアの安物感もプロペシアに替えるキッカケの一つではあります。

ちょっと育毛治療薬を飲んでるよ感が欲しかったのかもしれません。

 

プロペシアに替えて抜け毛は減った!

確かに抜け毛は減りました。でも増えた抜け毛に危機感を感じて、エフペシアからプロペシアに替えたと同時にミノキシジルを併用するようにしました。

「検証にならね〜」とお思いの方は多数いらっしゃるかもしれませんが、本人は抜け毛が減ったので喜んでいます。

ミノキシジルはリアップx5ではなく、ロゲインでもなく、ポラリスを選択しました。

「何故にポラリス?」かというと、生え際に効果が期待できるからです。リアップx5とロゲインは頭頂部に作用しますが生え際(M字)にはあまり作用しないで有名です。

ポラリスにはミノキシジル+αの成分が含まれており、この+αが生え際に作用すると言われています。具体的にはりんごポリフェノールがグッドなのですが、長くなりそうなので詳細はコチラをご覧ください。一生懸命書いています。

ということで、しばらくはプロペシアとポラリスシリーズで育活していこうかなぁと思っています。効果は実感しているのでこのままいきたいです。

慣れてきたり、飽きてきたらポラリスシリーズのミノキシジル濃度が高いものをチョイスする予定。

安さは正義ですが、安すぎると不安になったりするややこしい性格なんで、安さは正義という方にとってはあまり参考にならない記事になってしまったかもしれません。

最後に私が現在利用しているプロペシアとポラリスのお得なセットを紹介して終わります。

プロペシアって何?っていう人はこのサイトにこないとは思いますが、ポラリスって何?って人はまあまあいらっしゃいます。

詳細は私がいつも利用しているオオサカ堂で詳しく書かれているのでご覧ください。オオサカ堂は安心して利用できる個人輸入のお手伝いサイトで、今では私もヘビーユーザーです。価格はもちろん最安値レベル!

オオサカ堂さん!いつもお世話になっております。


NR-07ミノキシジル5%+プロペシア28錠


NR-08ミノキシジル7%+プロペシア28錠


NR-09ミノキシジル15%+プロペシア28錠


NR-10ミノキシジル16%+プロペシア28錠