ルグゼバイブの効果と副作用解説!最安購入(通販)サイトは?


⇒ ルグゼバイブの口コミ・評判を見たい人はこちら(クリック)check!

最近話題の女性用育毛剤ルグゼバイブ、もしかするとパントガール以上の効果が期待できるかも!?薄毛に悩む女性の救世主となるのか、詳しく紹介していきたいと思います!

ルグゼバイブを購入(通販)するならどこが最安値?

ルグゼバイブを購入するには、ネット通販サイトを利用するのが一般的です。

ネット通販大手の楽天、アマゾンなども選択肢になりますが、ルグゼバイブは海外製品なので、個人輸入代行サイトを利用するのが良いでしょう。大手の個人輸入代行サイトとしては、オオサカ堂が有名ですね。

女性向けの薄毛治療を行っているクリニックには、ルグゼバイブを処方してもらえるところもあります。ただし、価格が高くなってしまうので、安く購入したい人には向いていません。

ルグゼバイブを最安値で購入したいなら、ネット通販サイトを利用するのが賢いかもしれません。


出典元:http://www.oomiya-saitama.com/price/

楽天、アマゾン、オオサカ堂、3つのサイトでルグゼバイブの価格を調査しましたので、購入の参考にしてみてください!

ルグゼバイブを楽天で検索

楽天でルグゼバイブの価格を見てみましょう。

どうやら楽天ではルグゼバイブを取り扱っていないみたいですね。楽天には海外製品を取り扱っているショップは少ないようです。

ルグゼバイブは海外製品なので、基本的には個人輸入代行サイトを利用するしかありません。普段から楽天を利用している人なら、ポイントが付いてお得に購入できるので期待していましたが残念ですね。

ルグゼバイブをアマゾンで検索

アマゾンではルグゼバイブを取り扱っているようです。

アマゾンでの価格は、1箱あたり7,690円ですね。

アマゾンでルグゼバイブを購入する際に注意してほしいのは、アマゾンが直接販売しているのでは無いということ。アマゾンでルグゼバイブを販売しているのは、BIG MOUTHという会社です。

BIG MOUTH社の信用度も問題にはなりますが、価格の面でもアマゾンで購入するのはあまりお得ではありません。外部のショップがアマゾンへ出品するには手数料が必要なので、その分だけ販売価格は割高になってしまいます。

ルグゼバイブをオオサカ堂で検索

最後に、オオサカ堂でルグゼバイブの価格を見てみましょう。オオサカ堂は海外製品を数多く取り扱っており、特にサプリメントや医薬品の分野に強い個人輸入代行サイトです。

オオサカ堂での価格は、1箱あたり7,000円ですね。アマゾンより安いです。

ルグゼバイブの価格を比較した結果、オオサカ堂が最安値でした。ルグゼバイブをできるだけ安く購入したい人は、オオサカ堂ってことになりますね。

個人輸入代行サイトは他にもありますが、オオサカ堂は利用者多いサイトなので初めての人でも安心です。実際に購入した人の口コミが多く投稿されているので、購入前に確認してみると参考になるのも嬉しいですね。

オオサカ堂でルグゼバイブの詳細を見る

 

ルグゼバイブとパントガールを比較

ルグゼバイブのライバル製品といえばパントガールですね。比較されることが多い両製品ですが、成分ではルグゼバイブに軍配が上がります。

ルグゼバイブとパントガールの成分一覧を見てみましょう。

ルグゼバイブ パントガール
チアミン硝酸塩(ビタミンB1) 60mg 60mg
パントテン酸カルシウム 60mg 60mg
L-シスチン 20mg 20mg
ケラチン 20mg 20mg
薬用酵母(サッカロミセス) 100mg 100mg
馬プラセンタ(濃縮) 100mg
コロストラム(牛) 20mg
パラアミノ安息香酸 20mg

主要な成分である、チアミン硝酸塩(ビタミンB1)やパントテン酸カルシウム含め、全体的に同じ成分構成となっています。

ここで注目したいのが、ルグゼバイブだけに配合されている2種類の成分(馬プラセンタとコロストラム)。

馬プラセンタとコロストラムは、どちらも育毛だけではなく美容にも効果が期待できる希少で高栄養な成分です。

しかも、ルグゼバイブの馬プラセンタは、濃縮された特別製。通常の馬プラセンタに換算すると、1カプセルあたり約667mg分に相当する量が配合されていることになります。

女性に嬉しい貴重な成分が、これだけ濃厚に配合されているのはありがたいですね。

一方で、パントガールだけの成分として、パラアミノ安息香酸が配合されています。パラアミノ安息香酸は白髪の多い女性に嬉しい成分ですが、食品からも摂取できるので優先度は低めです。

ルグゼバイブとパントガールは、どちらも女性の髪に良い成分が含まれた育毛剤です。しかし、ルグゼバイブの方が配合成分の種類が多く、貴重なものを使用しています。

ルグゼバイブの効果を成分から解説します

①馬プラセンタの成長因子

プラセンタというのは、「胎盤エキス」のこと。動物の胎盤から栄養素を抽出したエキスです。プラセンタには馬、豚、羊など、さまざまな動物由来のものが出回っています。

このなかでもっとも希少価値が高く高級なのが、ルグゼバイブに使われている馬プラセンタ。

また、馬プラセンタは貴重なだけではなく、その成分も優れています。馬プラセンタに含まれているアミノ酸は、他の動物由来のものと比べて約300倍。必須アミノ酸や準必須アミノ酸など、他のプラセンタには無い成分が豊富なのも特徴です。

髪の成長のために嬉しい、成長因子が含まれていることも見逃せません。

成長因子は名前から想像できるとおり、細胞を活性化させる働きがある物質。成長因子は髪や頭皮の成長に重要な働きをすることが知られており、コシやハリのある太い髪に成長させるための大切な成分です。

馬プラセンタに、ホルモン分泌作用やホルモンバランスを整える作用があることも、女性の育毛にとって重要です。女性ホルモンや成長因子は、20代を過ぎたあたりから急激に減少していきます。

この減少が老化現象を引き起こしてしまうので、ホルモンバランスを整えることは、若々しい髪や肌を保つために押さえたいポイントです。

②コロストラムの成長因子

コロストラムとは、日本語で「初乳」のことです。コロストラムは通常の乳とは成分が大きく異なり、「免疫ミルク」とも呼ばれています。

特に、IgG、IgA、IgMといった抗体や、IGF、EGF、NGFなどの成長因子が豊富に含まれているのが特徴です。

成長因子の働きは、馬プラセンタで紹介したとおり、細胞を活性化させ髪の成長をサポートすることです。ルグゼバイブなら、馬プラセンタとコロストラムの2種類の成分で、成長因子を十分に補給できそうですね。

また、ルグゼバイブに配合されている牛のコロストラムは、抗体IgGやIgAが豊富に含まれているという特徴もあります。これらの成分は免疫機能の向上に役に立ち、若々しさを保つのに効果的だと言われています。

③L-シスチンのアミノ酸

L-シスチンはアミノ酸の一種であり、髪の成長には欠かせない重要な成分です。髪はケラチンというタンパク質で構成されており、ケラチンを作る際に一番使われるアミノ酸がシスチンです。

髪の成長力が高まれば、栄養素もそれだけ必要になってきますので、成長因子などと同時に摂取するのは効率的ですね。髪の成長をスムーズにするために、ぜひ欲しい成分です。

L-シスチンには他にも、細胞の代謝を促す働きもあると考えられています。

肌の新陳代謝を活発にし、ターンオーバーをサポートすることで、シミの原因となるメラニンの発生を抑えることも期待でいます。

さらに、美容に嬉しいコラーゲンの生成を促すとも考えられており、女性にとってありがたい成分ですね。

ルグゼバイブはびまん性脱毛症に効く?

ルグゼバイブは、びまん性脱毛症に効果があると見て間違いのではないでしょうか。

ルグゼバイブとほぼ同じ成分のパントガールは、女性の薄毛(びまん性脱毛症)や抜け毛を改善する効果があるとして、世界中で認められているクスリです。

臨床試験などでも十分に効果が確認されており、クリニックでも積極的に使用されています。

パントガールの主要成分はそのままに、更に成分を補強したルグゼバイブなら、それ以上の効果が期待できますね。

ちなみに、パントガールの臨床試験では、3ヶ月使用したことで70%の人に抜け毛減少の効果が見られました。

長期間に渡る、びまん性脱毛症と毛髪構造損傷の治療効果の確認試験では、継続的な脱毛症の改善効果が確認されています。試験終了時にはほぼ完全に脱毛が消失しており、効果の高さにも期待が持てます。

出典元:https://www.biyougeka.com/contents/hair/pantogar/

びまん性脱毛症の原因は、カラーリングやパーマのかけ過ぎや、ホルモンバランスの乱れです。このような原因で薄毛に悩んでいる人には、ルグゼバイブは効果的だと思います。

ルグゼバイブの副作用は大丈夫なの?

ルグゼバイブは副作用の心配はないとされていますので、安心して使用することができます。

これまでに、ルグゼバイブの使用による副作用の報告はなく、長期間・継続的な使用でも問題ないと思います。

男性用薄毛治療薬の中には、ホルモンや血流に強く作用することで、副作用を引き起こすものがありますが、ルグゼバイブはそのような心配はありません。

馬プラセンタには、ホルモンバランスを整える働きがあるため、一時的に生理の時期が早まったり、出血量が増えたりすることもあるようです。

このような現象は飲み始めに見られるものであり、次第に落ち着いていくので安心してください。

ルブゼバイブの使用に際して、ルールはしっかり守りましょう。安全性が高いとは言え、過剰に摂取してしまうと、下痢や腹痛などの症状があらわれるかもしれません。

また、使用中になにか異常を感じることがあれば、すぐ医者に診てもらうようにしましょう。

ルグゼバイブの効果的な飲み方とは?

ルグゼバイブの正しい服用方法として、1日3回1カプセルずつ飲むことが推奨されています。朝昼晩の食事後などがちょうどよいと思います。

ことのき、コップ1杯の十分な水と一緒に飲むようにしましょう。

ルグゼバイブは1箱90カプセル入りなので、1箱は1ヶ月分ということですね。メーカーやクリニックでは、3ヶ月間の服用を勧めていますので、3箱まとめ買いしておくと、価格的にもお得なのでオススメです。

他の育毛サプリと併用しても問題ありませんが、大幅な効果アップにはつながらないと思います。もし、他の商品と併用するならば、ミノキシジル育毛剤が良いでしょう。

ルグゼバイブ+ミノキシジルの併用は、とても効果的で、クリニックでもよく利用されています。

ルグゼバイブは男性でも使えるサプリメント?

ルグゼバイブは男性でも使用できます。ルグゼバイブは女性向けに開発されたクスリですが、ホルモンに大きく影響を与えるような成分は配合されてないので、男性でも問題なく使用できます。

ただ、ルグゼバイブが最も効果を発揮するのはびまん性脱毛症であり、男性のAGA(男性型脱毛症)にはそこまで効果が表れないかもしれません。

ルグゼバイブの成長因子には期待できますが、男性用に開発された育毛剤や育毛サプリの使用をオススメしたいです。

ただ、男性でもルグゼバイブやパントガールを飲んでいる人は多く、主に早めの薄毛対策として利用されているようです。

薄毛がかなり進行しているなら、ミノキシジルフィナステリドのような強力なものが良いですが、これからの薄毛予防ならルグゼバイブもありだと思います。

まとめ

ルグゼバイブは、馬プラセンタやコロストラムが配合されており、パントガール以上の育毛効果が期待できます。

副作用の心配もほとんど無く安全に使用できるのも嬉しいですね。

最安で購入できるサイトはオオサカ堂なので、興味がある人はぜひ見てみて下さい!

オオサカ堂でルグゼバイブの詳細を見る