育毛剤フォリックスの効果と副作用&FRシリーズ全種類を解説!


⇒ 260件以上のフォリックスFR12の体験談・口コミを見る(クリック)
check!

ポラリスに代わる育毛剤フォリックスとは?

ポラリス取り扱い停止の動きが広がるなか、ポラリスに代わる新しい育毛剤「フォリックス」が登場しました。

フォリックスはポラリスと同じように、高濃度のミノキシジルが配合されている育毛剤です。

ここでは、ポラリスから切り替えようか悩んでいる人のために、フォリックスの育毛効果や副作用について解説していきます!

フォリックスの製造メーカーは信頼できる?

フォリックスを製造しているのは、アメリカの「Sapphire Healthcare LLC」という会社です。

この会社は信頼できるのか、すこし調べてみました。

Sapphire Healthcare LLCが設立されたのは2017年ごろ。最近できた会社のようなので、おそらくフォリックスを販売するために設立された会社だと思います。

住所は「フロリダ州マイアミ南東3番通り123番地」。Googleマップで住所を見てみると、海沿いの商業ビルが立ち並ぶ街でした。


【出典元:グーグルマップ

周辺に工場がないことから、Sapphire Healthcare LLCは商品の企画・開発を主にしている会社だと思います。実際にフォリックスを製造しているのは、別の製薬メーカーということですね。

フォリックスには最新のテクノロジーが使用されているので、技術力のある大手メーカーが製造を請け負っていると考えられます。

フォリックスとポラリスの配合成分が似ていることから、同じメーカーが製造している可能性も高そうです。

日本の育毛剤もこのような形態をとっている場合が多いですが、こうすることで設備投資費を節約できるので、安く育毛剤を作ることができます。

フォリックスのメーカーは設立されて間もない会社ではありますが、実際に製造を行っているのは実績ある会社なので、製品はまったく問題ないと思います。

フォリックスはどんな育毛剤?

フォリックスFRシリーズには、さまざまなミノキシジル濃度の育毛剤が用意されています。

2%~16%までの濃度がラインナップされているので、ポラリスより幅広いミノキシジル濃度の育毛剤を選ぶことができます。

その中でも人気なのは、日本では販売されていない高濃度タイプの育毛剤です。高濃度のミノキシジルは、フォリックスやポラリスを選ぶ最大のメリットですね。

ミノキシジル以外に、フィナステリド、アデノシン、銅ペプチド、リンゴポリフェノール、アゼライン酸、アルファトラジオール、Procapil、Follicusanなど、育毛成分が豊富に含まれているのも特長です。

フォリックスの育毛成分の豪華さは、他の育毛剤とは比べ物になりません!

こんなに成分が素晴らしいのに、価格が安いのがさらに魅力的!リアップより安く購入できるのもうれしい特長です。

発毛効果あり!ミノキシジルの育毛効果

フォリックスを購入する人にとって、一番欲しいのはミノキシジルですよね。ここではミノキシジルの育毛効果につてい簡単に紹介したいと思います。

ミノキシジルは、血管拡張などにより髪を発毛させることができる成分です。また、進行する抜け毛を予防する効果も持っているなど、AGA治療にとても有効な成分です。

大正製薬が行った臨床試験でも、90%以上の人に発毛効果が確認されています。


【出典元:http://www.taisho.co.jp/riup/riupx5/data/

リアップにはミノキシジルは5%しか配合されていないので、高濃度のミノキシジルを求める人ならフォリックスはおすすめです!

AGA治療の必須成分!フィナステリドの効果

フォリックスは、ミノキシジル以外の成分にも特長があります。

フォリックスにはフィナステリドが配合されているなど、日本の育毛剤とくらべると成分がかなり強力!

フィナステリドは、DHTを抑制することで抜け毛を防ぐ育毛成分です。こちらも臨床試験により効果が確認されており、98%の人がAGAの進行を防ぐことができています。


【出典元:https://www.msdconnect.jp/products/propecia/medical_3y.xhtml

ミノキシジルとフィナステリドは、どちらも日本皮膚科学会の推奨度がAランク

医者から最も勧められる成分であり、病院でAGA治療を受けると必ずと言っていいほど処方されます。


【出典元:https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913421_2.pdf

90%以上の発毛効果、AGAの進行を98%食い止める、なんてすごすぎる効果です!!w(゚o゚)w

他にはない優秀なサポート成分も充実!

フォリックスには、アデノシン、銅ペプチド、リンゴポリフェノール、アゼライン酸、アルファトラジオール、Procapil、Follicusanなども配合されており、成分が非常に優秀!

アデノシンも血行促進により発毛促進と抜け毛予防ができる成分です。推奨度はミノキシジルに次ぐランクなので、こちらも育毛効果の期待度が高い成分です。

リアップのような主にミノキシジルしか配合されていない育毛剤とは違い、フォリックスは多くの成分が配合されているので高い育毛効果が期待できます。

また、フォリックスはPG(プロピレングリコール)が未配合なので、敏感肌の人でも安全に使用できるというメリットもあります。

フォリックスの成分の優秀さはポラリスすら上回っていますね。ポラリスの取り扱い停止で困っている人には是非試してもらいたいです!

ポラリスからの乗り換えにもおすすめ!(´∀`)

浸透力アップ!リポスフィアテクノロジー技術

フォリックスには、次世代の浸透技術「リポスフィアテクノロジー」が採用されています。

リポスフィアテクノロジーは、育毛成分をナノスケールのカプセルに閉じ込めることで、肌への浸透力を高める技術です。


【出典元:https://www.kose.co.jp/jp/ja/research/technology/liposome/report-1.html

カプセル化された成分は時間をかけて開放されるため、すこしずつ浸透し効果の持続性も高めてくれます。

また、ミノキシジル育毛剤によくある、かゆみや炎症などの発症も抑えることができます。

日本で近年発売されている化粧品にも、この技術が採用されているものがあり、化粧品業界では将来有望な技術として注目を集めています。

フォリックスはリポスフィアテクノロジーを採用している数少ない育毛剤です。

育毛剤にとって浸透力は成分と同じくらい重要なこと。浸透力がなければ優秀な成分も意味がありません。

フォリックスは浸透力もバッチリなのでおすすめの育毛剤です!

【参考元:http://www.kose.co.jp/company/ja/research/secretstory/liposome/

育毛剤フォリックスのFRシリーズ全種類

フォリックスのFRシリーズは、ミノキシジル濃度によって配合成分がすこし違っています。

ここでは、現在販売されているFRシリーズ全種類について、育毛成分を解説していきたいと思います!

ポラリスシリーズとの違いについても紹介しています。フォリックスとポラリスのミノキシジル濃度ごとの対応はこんな感じです。

フォリックス ポラリス
12% FR12 NR-11
15% FR15 NR-09
16% FR16 NR-10

フォリックスFR12


⇒ フォリックスFR12の体験談・口コミを見る(クリック)
check!

フォリックスFR12はミノキシジル12%の育毛剤です。

フォリックスのFRシリーズは、製品名とミノキシジル濃度が対応しているので、選びやすいのがありがたいですね。

フォリックスFR12の主な育毛成分はこちら。

ミノキシジル、フィナステリド、アデノシン、アゼライン酸、アルファトラジオール、トリペプチド-1銅、ミリストイルペンタペプチド-17、酢酸トコフェロール、Follicusan(イノシトール、パンテニルエチル、アセチルシステイン、アセチルメチオニン)

全部で12種類の育毛成分が配合されています。ポラリスとくらべても育毛成分はこちらの方が多いです。

ポラリスNR-11との違い

フォリックスFR12 ポラリスNR-11
ミノキシジル 12% 12%
フィナステリド
アデノシン
銅ペプチド
リンゴポリフェノール
アゼライン酸
アルファトラジオール
Procapil
Follicusan
全成分数 32 11
価格 5,180円 5,180円

フォリックスFR12とポラリスNR-11では、育毛成分の数が全然違います。

ミノキシジル濃度とフィナステリドが配合されている点などが共通していますが、アデノシンやFollicusanなどの注目成分はフォリックスにしか配合されていません。

成分では断然フォリックスFR12の方が上です。価格も同じなので、ポラリスNR-11を選ぶ理由はありませんね。

フォリックスFR12はポラリスNR-11の上位互換の育毛剤と言って差し支えなさそうです。

フォリックスFR12の特長

フォリックスFR12は、発毛成分のミノキシジルと、AGAの進行を防ぐフィナステリドが、2つとも配合された豪華な成分が特長です。

この2つの成分を中心に、フィナステリド、アデノシン、銅ペプチド、アゼライン酸、アルファトラジール、Follicusanなどで、さらに育毛効果を補強しています。

フィナステリド以外の成分は、ポラリスNR-11に配合されていません。

浸透力を高めるリポスフィアテクノロジーも使用されているので、ポラリスNR-11からの切り替え先としてピッタリな育毛剤だと思います。

フォリックスFR12の特長をまとめるとこんな感じです。

  • ミノキシジル12%とフィナステリドを配合
  • アデノシンなど12種類の育毛成分を配合
  • 浸透力アップのリポスフィアテクノロジー

フォリックスFR15


⇒ フォリックスFR15の体験談・口コミを見る(クリック)
check!

フォリックスFR15はミノキシジル15%の育毛剤です。

フォリックスFR15の主な育毛成分はこちら。

ミノキシジル、アデノシン、ミリストイルペンタペプチド-17、Procapil(アピゲニン、オレアノール酸、ビオチノイルトリペプチド-1)、アゼライン酸、酢酸トコフェロール、トリペプチド-1銅、リシン、プロシアニジンB2、ビオチン、エスシン、シトステロール

全部で14種類の育毛成分が配合されています。

ポラリスNR-09との違い

フォリックスFR15 ポラリスNR-09
ミノキシジル 15% 15%
フィナステリド
アデノシン
銅ペプチド
リンゴポリフェノール
アゼライン酸
アルファトラジオール
Procapil
Follicusan
全成分数 29 29
価格 4,940円 4,940円

フォリックスFR15とポラリスNR-09の育毛成分はほとんど同じ。アデノシンやProcapilなどの成分は含まれていますが、フィナステリドが配合されていません。

表には記載していませんが、成分の違いはアミノ酸やビタミン類にあります。フォリックスFR15はアミノ酸が多く、ポラリスNR-09はビタミン類が多く配合されています。

主要な成分には違いがないので、どちらを選んでもほぼ同じ育毛効果が期待できると思います。

フォリックスFR15の特徴

ここで紹介しているフォリックスのFRシリーズの中で、フィナステリドを配合していないのはフォリックスFR15だけです。フィナステリドが欲しい人は注意しましょう。

フォリックスFR15よりミノキシジル濃度が高くなると、ローションタイプではなくクリームタイプとなります。

ローションタイプの塗り心地が良いという人は、フォリックスFR15が最大濃度のミノキシジルです。

リポスフィアテクノロジーもしっかり採用されています。浸透しにくいミノキシジルが高濃度で配合されていますが、浸透力に関しては問題ないでしょう。

成分に関してはポラリスNR-09とほとんど同じなので、無理にフォリックスFR15に切り換える必要はありません。

ただ、今後ポラリスの取り扱いが全面的に停止される可能性があるので、そのときにはフォリックスFR15を検討するのが良いでしょう。

現在ポラリスNR-09を使用している人なら問題なく移行できると思います。フォリックスFR15の特長をまとめるとこんな感じです。

  • ローションタイプ最高濃度のミノキシジル15%
  • アデノシンやProcapilなど14種類の育毛成分
  • 浸透力アップのリポスフィアテクノロジー

フォリックスFR16


⇒ フォリックスFR16の体験談・口コミを見る(クリック)
check!

フォリックスFR16はミノキシジル16%の育毛剤です。

フォリックスFR16の主な育毛成分はこちら。

ミノキシジル、フィナステリド、アデノシン、アゼライン酸、Procapil(アピゲニン、オレアノール酸、ビオチノイルトリペプチド-1)、トリペプチド-1銅、パンテノール

全部で9種類の育毛成分が配合されています。

ポラリスNR-10との違い

フォリックスFR16 ポラリスNR-10
ミノキシジル 16% 16%
フィナステリド
アデノシン
銅ペプチド
リンゴポリフェノール
アゼライン酸
アルファトラジオール
Procapil
Follicusan
全成分数 38 41
価格 5,180円 5,180円

いくつかの成分に差がありますが、一番大きな違いはフォリックスFR16にアデノシンが配合されているところです。

アデノシンはミノキシジルとフィナステリドに次ぐ育毛成分。アデノシンの有無で育毛効果に違いがでると思います。

もう一つ注目したいのは、Procapil(プロキャピル)という成分。フランスの化粧品メーカーが開発した成分ですが、発毛促進作用がある成分です。

キャピキシルやピディオキシジルのように、Procapilはミノキシジルにも匹敵する育毛効果があるとされています。

ミノキシジル16%にアデノシンとProcapilがあれば、発毛効果に関してはまったく心配ないでしょう。ポラリスNR-10からの切り替えも問題ありません。

フォリックスFR16の特徴

フォリックスFR16は、育毛剤として最高濃度のミノキシジル16%を配合!ミノキシジル濃度が高いため、一般的なローションタイプではなくクリームタイプとなっています。

クリームタイプは垂れる心配が少ないですが、頭皮にしっかり塗るのがすこし大変です。生え際などは塗りやすいですが、頭頂部を塗る場合は髪が邪魔で塗りにくく感じるかもしれません。

育毛成分として、フィナステリドとアデノシン、Procapilも配合されているので、発毛効果はフォリックスFRシリーズ最強です。

価格はポラリスNR-10と同じなので、切り替えも問題ありません。

フォリックスFR16には、育毛とは直接関係なさそうな、ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミドが配合されている点も気になります。

この成分は、皮膚のシワやたるみをとる美容目的の成分です。頭皮に塗ることで柔軟性が高まり、ハリやツヤが生まれるかもしれません。

フォリックスFR16の特長をまとめるとこんな感じです。

  • 最高濃度ミノキシジル16%とフィナステリド
  • アデノシンやProcapilなど9種類の育毛成分
  • 浸透力アップのリポスフィアテクノロジー

育毛剤フォリックスの副作用について

フォリックスの育毛成分は医療用にも使われる成分なので、副作用のリスクがあります。

主要成分のなかで特に注意しなくてはいけないのは、ミノキシジルとフィナステリドです。

ここではこの2つの成分について、副作用を解説していきます。

一般的・代表的な副作用

ミノキシジル

ミノキシジルの一般的な副作用は、かゆみ、発赤、むくみです。これらの症状は比較的軽めなのですが、使い続けると悪化する可能性もあるので注意しましょう。

また、すこし症状が重くなると、めまい、頭痛、動悸などの症状があらわれることもあります。

このような症状が出た場合は使用を中止し、すぐに医師や薬剤師に診てもらいましょう。

フィナステリド

フィナステリドの一般的な副作用は、性欲減退、勃起不全、射精障害など生殖器領域に関するものです。

フィナステリドを内服した場合、1%~5%の人にこのような副作用があらわれることが知られています。

また、どのような薬品であれ肝臓代謝するので、肝機能障害を起こす可能性があります。ただし、頻度は高くないのでそこまで心配する必要はなさそうです。

その他の注意点

フォリックスは育毛成分が豊富に含まれているため、何かの成分に反応してアレルギー反応を起こしてしまうかもしれません。

アレルギー反応を起こす可能性は低いですが、念のため注意しておきたいです。

炎症を起こしていたり傷ついている頭皮に使用してはいけません。また、目に入った場合はすぐに水やぬるま湯で洗い流しましょう。

異常を感じたときは、すぐに医者や薬剤師に相談してください。

初期脱毛

また、フォリックスを使用していると、初期脱毛を起こすことがあります。

初期脱毛は発毛効果のあらわれであり、髪の生え変わりが促進された結果なので、心配する必要はありません。

むしろ効果が出ている証拠なので、根気よく続けていきたいです。

心臓疾患・高血圧

ミノキシジルはもともと高血圧症治療のクスリでした。血管拡張により血圧を下げる作用があるため、心臓や血管などの循環器系に影響を与えます。

高血圧や低血圧など血圧に不安がある人や心臓疾患を抱えている人は、使用前に医師や薬剤師に相談しましょう。

女性・子ども

フィナステリドは女性や未成年の人は使用できません。また、皮膚からも吸収される成分なので、触れることも禁止されています。

特に妊娠中の女性の場合、胎児へのリスクも高いとされているので、決して触れないように注意しましょう。

女性や未成年の使用はダメゼッタイ(乂∀・)

育毛剤フォリックスの正しい使い方

フォリックスは1日2回、気になる部分に1回5プッシュ(1ml)塗布して使用します。

成分をじっくり浸透させるため、使用後は髪を洗わないようにしましょう。最低でも4時間以上は浸透させてください。

1日2回なので、朝と夜に使用するのがおすすめです。どちらも、シャンプーをした後に使用するのがベストですが、面倒であれば省いても問題ありません。

効果を高めるためのポイントがマッサージ。塗布後にやさしくマッサージすることで、頭皮の血行がよくなり効果を高めることが期待できます。頭皮を傷つけないように、爪を立てず指の腹でマッサージしましょう。

フォリックスはミノキシジル濃度が高いため、液体の粘度も高めです。垂れにくいのはいいですがベタつくので、余計な部分に塗らないように気をつけて使いましょう。

低温の環境では成分が固まってしまうことがありますが、湯煎などで溶かせば問題なく使うことができます。

まとめ(ポラリスより上)

フォリックス、かなりいいですね!

ミノキシジル濃度のラインナップが豊富で、ポラリスの代わりとなるのに十分のポテンシャルがあります。

ミノキシジルとフィナステリドの2大育毛成分だけではなく、アデノシンやProcapilなども配合されているので、これ以上の育毛剤はないでしょう。

育毛剤も進化しています。今まではポラリスが最強の育毛剤でしたが、これからはフォリックスが最強で間違いないかも!

フォリックスFR12、FR15、FR16とミノキシジル濃度が高くなるので、自分にあったものを選んでください。FR15にフィナステリドが含まれてない点は注意ですね。

もう一つ注意点は、ミノキシジルやフィナステリドには副作用があるので、正しい用法用量を守って使用すること。

正しく使用できればフォリックス以上に育毛効果が期待できる育毛剤はありません。

ポラリスからの切り替えならフォリックスで間違いなし!(`・ω・´)キリッ

フォリックスの最新価格をチェックする