爆毛根ローションの効果&副作用の有無を口コミから判定!


⇒ 160件以上の購入者によるリアル口コミをみる(クリック)

爆毛根はミノキシジル&デュタステリドが配合されている注目の育毛剤。

新しい育毛剤なのであまり知られていませんが、実際の使用者の口コミから効果と副作用を調べてみました!

爆毛根ローションの効果を成分から解説します

爆毛根ローションは、これまでのミノキシジル育毛剤とは一味違う、新しい成分が配合された育毛剤です。

発毛効果があるミノキシジルに加えて、AGAの進行を防ぐデュタステリドが配合されています。

ミノキシジル育毛剤として有名なリアップやロゲインには、ミノキシジルしか有効成分が配合されていません。

これらの製品に不満を感じている人のなかには、より高い効果を求めて爆毛根ローションなどの育毛剤を試す人も多いようです。

爆毛根ローションに配合されているミノキシジルとデュタステリドには、どのような効果があるのか解説していきたいと思います。

①ミノキシジルの発毛効果

ミノキシジルは、日本で唯一発毛効果が認められた医薬品成分。日本ではリアップにしか配合されていません。

▼リアップ

出典元:大正製薬

ミノキシジルはもともと高血圧治療用に使用されていいたクスリですが、副作用として体毛が濃くなる症状が出ることが知られていました。

この副作用に注目し、AGA治療薬として開発されたのが、ロゲインやリアップなどの育毛剤です。

ミノキシジルは血管拡張作用や毛乳頭細胞増殖作用、毛母細胞アポトーシス抑制作用などを持っています。

ミノキシジルが持つこれらの作用により、髪の成長サイクルが正常化し、発毛効果が表れると考えられています。

AGAといった男性特有の薄毛症状がでると、髪が成長しきる前に抜け落ちてしまいます。

これが薄毛につながるのですが、ミノキシジルを使用することで抜け落ちにくい強い髪へと成長できるようになります。

臨床試験でもミノキシジルの発毛効果は確認されています。リアップの大正製薬が公開しているデータによると、3年間使用することで98%の人に薄毛改善がみられました。

出典元:大正製薬

爆毛根にはミノキシジル濃度が5%と7%のものがあります。

リアップやロゲインは1%か5%なので、それよりも高濃度のものが選べるのが爆毛根のメリットの一つです。

②デュタステリドの発毛効果

デュタステリドは、5αリダクターゼの働きを阻害することで、DHTの生成を抑える作用を持つ成分です。

DHTは毛乳頭細胞の受容体に結合することで、脱毛信号を発信させる厄介なホルモン。デュタステリドの作用により、AGAによる抜け毛を抑え薄毛改善の効果を発揮すると考えられています。

5αリダクターゼの働きを阻害する成分として、プロペシアに配合されているフィナステリドが有名です。

▼プロペシア

これまでは、フィナステリドだけが抗DHT作用があると認められた医薬品でした。その後デュタステリドにも、抗DHT作用があることが発見され、AGA治療薬として認められたのです。

しかも、デュタステリドは、フィナステリドより効果的にDHTの生成を抑えられるとして、大変注目を集めている成分です。

フィナステリドはⅡ型5αリダクターゼだけに作用するのに対し、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方に作用します。

デュタステリドの臨床試験でも、フィナステリドよりAGAに効果的というデータがでています。

ザガーロの臨床試験では、髪の本数も太さもデュタステリドが上回りました。

▼デュタステリドの臨床試験
出典元:https://www.healthgsk.jp/products-info/zagallo/clin-safety.html

また、副作用の発症率についても、フィナステリドと差はないだろうという結論がでています。

デュタステリドならフィナステリドで効果がでなかった人にも、AGAの治療効果がでるという期待が持てるということですね。

③リポスフィアテクノロジーの浸透効果

ミノキシジルは常温で個体の成分で、溶剤に溶かしたとしても粘度が高く浸透しにくいという性質があります。

そのため、リアップなどのミノキシジル育毛剤は、配合されている成分の約1%しか頭皮に浸透しません。

出典元:http://www.taisho.co.jp/company/release/1999/120399-j.htm

爆毛根はミノキシジルの浸透力の弱さを克服するため、リポスフィアテクノロジーという浸透技術を使用しています。

リポスフィアテクノロジーは、ミノキシジルやデュタステリドといった成分を、皮膚に浸透しやすいようにカプセル化する技術です。

この技術により、通常では浸透しにくいミノキシジルも、毛穴の奥にまで浸透させることが可能となりました。

成分が浸透することで、これまでのミノキシジル育毛剤よりも、着実に薄毛改善を目指すことができます。

爆毛根ローションの副作用を口コミから判定

ミノキシジル&デュタステリドの育毛剤、爆毛根を使用している人たちの口コミから、実際の効果や副作用についてまとめてみました。

ポラリスと違って乾いてもパリパリしにくくていい感じです。専用のトリガーがついているから、最後まで使い切れるのも便利です。

はじめは使いすぎてしまいましたが、副作用も出ずに順調に薄毛改善が進んでいます。

爆毛根は容器に特徴があり、他の育毛剤より使いやすくなるように工夫されています。

初めて使うときには使いすぎることもありますが、慣れてくるとちょうどよい分量を出せるようになると思います。

多少多めに使っても副作用がすぐにでるということは無さそうです。

2箱使ってみて、髪質がよくなったのが実感できています。髪にツヤが出てきたのには驚きです。副作用もでていないでの凄く良い育毛剤だと思います。

髪の増加を実感するためには3ヶ月は使わないといけないらしいので、もう少し続けようと思いました。抜け毛が減ったのはすでに実感できています。

ミノキシジルとデュタステリドの発毛効果により、髪が増えるだけではなく、強い髪へと成長することも期待できます。

髪の見た目がよくなるので、よりボリュームアップが実感できると思います。

個人的には最強の育毛剤です。3ヶ月間使用していますが、副作用もでていません。

使いはじめたときと現在の頭の写真を見比べてもハッキリと効果を実感しています。最初の頃は髪が薄く地肌が見えていましたが、徐々に見えなくなっています。

まだ完璧ではないですが、このまま1年間使い続けようと思っています。

ミノキシジルは臨床試験でも効果が確認された成分なので、適切に使用すれば多くの人に効果が出ます。

ヘアサイクルの関係上すぐには効果はでませんが、最低でも3ヶ月~4ヶ月使用すれば次第に効果があらわれるのではないでしょうか。

ミノキシジルは副作用のリスクがある成分ですが、口コミを見ていると発症している人は少ないです。

ニオイがきつくないので、出かける前に使っても問題ないと思います。

使い切ったかちょっと分かりにくい容器なのがマイナスポイントですが、副作用がでていないのでもう少し使い続けようと思います。

ミノキシジル育毛剤には独特のニオイがありますが、爆毛根はそこまで強いニオイではないので周りにバレるリスクは低めです。

ニオイが強くなくても、しっかりミノキシジルは入っているので、安心して使用できます。

使うごとに目に見えてわかるほどに効果が出ていて、本当にうれしいです!

このまま抜け毛が続けば坊主にでもしてやろうかと思っていましたが、まだ大丈夫みたいです。フサフサしなくても、ハゲにさえならなければ問題ありません!

あとは副作用が出なければ完璧です!

爆毛根はミノキシジル育毛剤というだけあって、効果を実感できたという口コミはたくさんありました。

普段使っている育毛剤から乗り換えたという人も多いので、試してみる価値はあると思います。抜け毛が減るなどの効果が出ていますが、副作用は出ていないようです。

爆毛根ローションの効果的な使い方は?

爆毛根を効果的に使うには、1日に朝晩2回、8~10プッシュずつ頭皮に満遍なく塗ります。

1日の使用回数やプッシュ数を増やしても、効果が高まるということもないので、使い方を守って使用しましょう。

爆毛根は他の育毛剤と違い特別製の容器に入っているので、専用のトリガーを使うことで簡単に塗ることができます。

塗りやすいということも、爆毛根が選ばれる理由の一つですね。

また、この容器はエアレスポンプという、なかの成分が空気に触れにくい構造となっていることも特徴。

▼エアレスポンプ

育毛成分は空気と触れることで劣化が進みやすくなりますが、爆毛根はエアレスポンプの構造により成分の効果減少を防いでくれます。

1箱12本入りで一つひとつのボトルが小さく、2~3日使用すれば使い切れるサイズとなっています。このように小さなボトルなのも、エアレスポンプの性能をいかすためです。

容器が小さく2~3日で使い切れるので、成分の劣化を防ぐだけではなく、常に清潔な状態で使用することができます。

爆毛根とポラリス&ドクターゼロ5HP・7HPを比較

爆毛根とポラリスならミノキシジル濃度が選べるポラリス!

爆毛根とおなじように、ミノキシジル+αの成分が配合されている育毛剤に、ポラリスシリーズドクターゼロシリーズがあります。

ポラリスはこのなかでは発売が早く、使用実績も多い育毛剤です。さまざまなミノキシジル濃度のものがあり、目的に応じて選ぶことができるのもポラリスの特徴となっています。


⇒ ポラリスのラインナップをみる(クリック)

ミノキシジル濃度によって+αの成分にも違いがあり、フィナステリドが配合されているものは、AGAに対抗する力が高くなっています。

爆毛根はミノキシジル濃度が5%と7%の2種類しかありません。一方で、ポラリスシリーズのミノキシジル濃度は1%~16%まで幅広く取りそろえてあります。

好みに合わせて濃度を選択できるので、ミノキシジル濃度にこだわりがあるなら、爆毛根よりポラリスシリーズがオススメです。

爆毛根よりドクターゼロ5HP・7HPの方が成分も価格も優れている!

ドクターゼロはミノキシジルとデュタステリドが配合されているなど、全体的に爆毛根と同じ成分構成となっています。

この2つの育毛剤の違いは、ドクターゼロにだけ馬プラセンタという成分が配合されているところです。

馬プラセンタはもともと、美容品によく使用されている成分でした。しかし、最近では細胞の成長を促す成長因子が豊富に含まれていることから、育毛製品にも応用されだしています。

馬プラセンタには成長因子だけではなく、アミノ酸やビタミンなど髪の栄養となる成分も多く、髪や頭皮環境を良くすることが期待できます。

ドクターゼロの配合成分は、爆毛根の成分+馬プラセンタという配合になっており、馬プラセンタ以外の配合濃度はまったく同じです。

そのため、成分では完全にドクターゼロが優れています。

爆毛根ローション5%は1箱8,900円、7%は1箱9800円。
ドクターゼロ5HPは1本4,980円、7HPは5,500円。

ということからも、価格でもドクターゼロが上回っています。

成分も価格もドクターゼロの方が優れているので、爆毛根を選ぶ理由はほぼありません。爆毛根の容器じゃなければ嫌という人以外は、ドクターゼロ5HP・7HPがオススメです。


⇒ ドクターゼロはこちらで入手可能(チェック)

爆毛根ローションを通販するならオオサカ堂一択!

爆毛根ローションは楽天&アマゾンで取扱なし

爆毛根ローションを購入しようと思っても、楽天やアマゾンでは取り扱っていません。

爆毛根ローションは、名前からは想像できませんが、実はアメリカの企業が販売している育毛剤です。

また、ミノキシジルやデュタステリドは医薬品なので、日本での販売には医師の処方が必要です。そのため個人的に購入するためには、輸入するしかありません。

輸入を自分だけでするのは大変なので、個人輸入代行サイトを利用するのがオススメです。

個人輸入代行サイトは、普通のネット通販と同じように商品を購入できるので、初めてでも簡単に商品を購入できます。

爆毛根ローションが欲しいならオオサカ堂が低価格で安心

個人輸入代行サイトとして、国内大手なのがオオサカ堂です。

オオサカ堂は1997年から20年近く運営されている実績豊富なサイト。

1997年というのは楽天が設立されて年であり、ネット通販サイトとしてはかなりの老舗です。

取り扱っている商品の価格も安いため、オオサカ堂の利用者は多くいます。また、実際に購入した人からの口コミが多いので、購入前に参考にすることができるのもメリットです。

個人輸入のリスクとして、偽物が送られてくる可能性あります。小規模なサイトや、新しいサイトではこのようなリスクが高く、送られてきた偽物を使ってしまう人があとを絶ちません。

オオサカ堂では定期的に成分鑑定を行っており、流通段階で偽物が混じってしまうことを監視しています。

▼オオサカ堂の成分鑑定

そのため、他のサイトより安心して購入することができると思います。

爆毛根を購入するなら、価格の面でも安全性の面でも、利用者が多いオオサカ堂を利用するのがオススメです。

まとめ

爆毛根はミノキシジル&デュタステリド配合の新しい育毛剤。リアップやロゲインより配合成分が多く、使用者からの評判も良いです。

調べた範囲では、副作用の症状が出たという口コミもありませんでした。

ただ、個人的には爆毛根よりドクターゼロ5HP・7HPの方がオススメです。

ドクターゼロ5HP・7HPの方が低価格で、追加で馬プラセンタが配合されているなど、成分と価格は完全上位のスペックです。

リアップやロゲインの効果に満足できなければ、次のステップとして、ドクターゼロ5HP・7HPを使用してみてはいかがでしょうか!

オオサカ堂で、爆毛根とドクターゼロ5HP・7HPのレビューを見比べて決めてもいいですね。

オオサカ堂のHPはこちら ⇒