【フォリックス比較付】リグロースラボの種類やM15の効果と副作用!

「ミノキシジル育毛剤を使いたいけど高い……」という人に朗報!

高濃度ミノキシジル配合なのに、低価格で購入できる新しい育毛剤「リグロースラボ」が登場しました。


⇒ 使用者の体験レビューを見る!かゆみがないのが嬉しいね!
check!

リアップを遥かにしのぐ高濃度ミノキシジルだけじゃなく、新しい育毛成分も配合されているのに、価格はリアップの1/2!

コスパで選ぶなら間違いなしです。

リグロースラボにはミノキシジル濃度が違う数種類の育毛剤が用意されているので、そのラインナップと一番人気のM15の成分と効果を紹介したいと思います!

リグロースラボのざっくりした概要

リグロースラボはアメリカで開発された、コスパ最強の育毛剤シリーズです。海外ではすでに販売されていましたが、2018年6月ついに日本に上陸しました。

リグロースラボは、ミノキシジルやフィナステリドなど、発毛効果が医学的に認められた成分を配合しているのが特徴。

リアップよりも高濃度のミノキシジルが配合されていたり、日本では販売されていないフィナステリド配合の育毛剤があったりと、海外製品らしく効果が高そうな商品が取り揃えられています。

そして何より安い!

ミノキシジル育毛剤は海外製品でも5,000円~、国内のリアップなら7,000円~という価格ですが、リグロースラボなら3500円~という低価格で購入できます。

また、ミノキシジル育毛剤だけではなく、老若男女問わず使える新成分配合の育毛剤もラインナップされているので、目的に合わせて商品を選ぶことができるのも特徴です。

リグロースラボのメーカーは安心?

リグロースラボのメーカーは、アメリカのSapphire Healthcare LLC(サファイアヘルスケア)社です。

サファイアヘルスケア社は2017年設立の新しい会社ですが、育毛剤に関しては実績がある会社だったりします。

実は、このメーカーは育毛剤「フォリックス」シリーズの生みの親。

フォリックスと言えば、ミノキシジル高濃度配合+サポート成分充実の人気育毛剤シリーズです。

国内外に愛用者がいるフォリックスですが、製品に関してのトラブルなどはまったく聞きません。

製品のクオリティの高さは実績が証明しているので、安心して使用することができるメーカーだと思います。

リグロースラボは種類が豊富!一番人気はM15だ!

現在のところ、リグロースラボは全部で5種類のラインナップがあります。

リグロースラボシリーズ一覧はこちら。

商品名 有効成分 効果
リグロースラボ M15 ミノキシジル15% 発毛
リグロースラボ M7α ミノキシジル7%、アゼライン酸 発毛
リグロースラボ M5 ミノキシジル5% 発毛
リグロースラボ FIN25 フィナステリド0.25% AGA抑制
リグロースラボ SP2 スピロノラクトン2% 育毛

発毛効果があるM15、M7α、M5の3種類と、AGAによる抜け毛を抑えるFIN25、そして男女問わず使用できるSP2の5種類が取り揃えられています。

リグロースラボで一番人気はM15!

M15の魅力はミノキシジルが高濃度15%で配合されていること。リアップは最大5%配合のものしかないので、それと比べると3倍もの高濃度で配合されています。

ミノキシジルは濃度が高い方が効果も高いという研究データがあるので、ミノキシジル15%配合の育毛剤はとてもありがたい商品です。

リグロースラボM15は、さらにサポート成分としてトリコーゲンも配合。トリコーゲンはドイツにある世界最大の総合化学メーカーBASF社が開発した育毛成分です。

リグロースラボM15の成分と効果はいかに!?

結局のところ、リグロースラボM15は効くの?

というのが本音ですよね。ということで、リグロースラボM15の成分とその効果がいかほどか、徹底調査してきました!

リグロースラボM15の成分一覧はこちら。

有効成分:ミノキシジル15%
その他成分:プロパンジオール、純水、変性アルコール、乳酸、フェノキシエタノール、エチルヘキシルグリセリン、ジメチルイソソルバイド、ピロ亜硫酸Na、Trichogen(トリコーゲン)

この中で大切なのは、ミノキシジルとトリコーゲンですね。ここでは、この2種類の成分について紹介したいと思います。

ミノキシジル

リグロースラボM15で一番大切な成分がミノキシジルです。リアップにも配合されている成分なので、育毛剤に詳しい人ならチェック済みの成分だと思います。

ミノキシジルは「日本で唯一発毛効果が認められた成分」です。リアップのCMでもおなじみの宣伝文句ですね。

この言葉の通り、ミノキシジルは発毛効果が医学的に認められた成分であり、日本皮膚科学会が発行するガイドラインで、薄毛治療への推奨度Aランクを獲得しています。


【出典元:https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

大正製薬が行ったリアップの臨床試験では、1年間使用することで98%ほどの人に薄毛改善効果が認められました。

この試験で使用したのはミノキシジル5%なので、濃度15%のリグロースラボM15ならさらに高い効果が期待できます。


【出典元:http://www.taisho.co.jp/riup/riupx5/data/

トリコーゲン

トリコーゲンは、アミノ酸・ビタミン・植物エキスなど全14種類の成分をブレンドした、オリジナルの育毛成分です。

トリコーゲンを構成する成分はこちら。

オタネニンジンエキス、アルギニン、アセチルチロシン、アルクチウムマジュス根エキス、加水分解ダイズタンパク、ポリクオタニウム-11 、PEG-12ジメチコン、パントテン酸Ca、グルコン酸亜鉛、ナイアシンアミド、オルニチンHCl、シトルリン、グルコサミンHCl、ビオチン

トリコーゲンは髪への吸着性が良い成分で、ケラチンに吸着することでさまざまな良い作用を髪にもたらします。

BASF社が行った実験では以下のような作用が確認さました。

  • ダメージヘアの修復と髪の強度の向上
  • 細胞の酸素消費量78%向上させ細胞活性化
  • 紫外線による髪へのダメージを28.8%低下

また、実際に人に対して行った臨床試験によると、4ヶ月間トリコーゲンを使用した人に、抜け毛の減少や髪の成長速度向上といった効果が表れました。

前頭部、後頭部、頭頂部すべての部位で、成長期/休止期の割合が向上するという結果も得られています。
【参考元:http://dewolfchem.com/wp-content/uploads/2015/05/Brochure.Trichogen-VEG-UL-LS-9922.02012013.pdf

ミノキシジルだけでも十分な効果が期待できますが、リグロースラボM15にはサポート成分としてトリコーゲンも配合しているのが良いですね。

この2種類の成分の相乗効果により、発毛だけでなく髪質の向上も期待できます。

【最新浸透技術】リポソーム技術はスゴイ!?

ミノキシジルは発毛効果がある成分ですが、浸透しにくいのが欠点。

大正製薬に発表によると、リアップに含まれるミノキシジルのうち頭皮に浸透するのはたった1%だそうです。
【参考元:http://www.taisho.co.jp/company/release/1999/120399-j.htm

ミノキシジルは濃度が高いほど粘度も高くなるので、15%の高濃度ではさらに浸透しにくくなります。

高濃度ミノキシジルの育毛剤を作るには、この問題を解決しなければなりません。

そこで、リグロースラボが採用したのが「リポソーム技術」です。

ミノキシジルなどの成分を、人間の細胞膜と同じリン脂質でマイクロカプセル化することで、浸透力と持続力を高める技術です。

人間の細胞膜と同じなので角質層の奥にまで安全に浸透し、カプセルが徐々に崩れることで少しずつ成分が染み込んでいくというのが画期的!

通常では浸透しにくい高濃度ミノキシジルですが、リポソーム技術により安全かつ持続的に浸透させることが可能になりました。

リアップでも実現できない高濃度ミノキシジルを配合可能なのは、このリポソーム技術があるからということですね。

リグロースラボM15とフォリックスFR15の違い

リグロースラボとフォリックスは同じメーカーの商品ですが、すこしだけ違いがあります。

一番大きな違いは価格!

例えば、リグロースラボM15とフォリックスFR15は、どちらもミノキシジル15%の育毛剤ですが、価格はリグロースラボM15の方が安いです。

参考価格としてオオサカ堂で比較してみると、リグロースラボM15は3,500円に対して、フォリックスFR15は4,940円。

リグロースラボM15の方が30%も安いです。

なぜ、こんなに価格が違うかと言うと、サポート成分にも違いがあるから。

リグロースラボM15に配合されているのはトリコーゲンですが、フォリックスFR15にはアデノシン・プロシアニジンB2・プロキャピルなど豊富に配合されています。

つまり、リグロースラボはフォリックスより成分数を抑えたことで、低価格になった商品ということです。

高濃度ミノキシジルさえあればOKという人ならリグロースラボ、ミノキシジル以外の成分もこだわりたいという人ならフォリックスを選択するのが良いと思います。

商品名 価格 注目成分
リグロースラボ M15 3,500円 ミノキシジル15%
トリコーゲン
フォリックス FR15 4,940円 ミノキシジル15%
アデノシン
プロシアニジンB2
プロキャピル

リグロースラボM15の購入はこちら ⇒

 

リグロースラボM15の副作用と重要な注意点!

リグロースラボM15に含まれるミノキシジルには副作用があります。

ミノキシジルの副作用を、部位別にまとめたのがこちら。

皮膚:頭皮の発疹、かゆみ、ふけ
神経:頭痛、めまい
循環器:胸の痛み、動悸
代謝:手足のむくみ

この中で発症率が高い副作用は、頭皮のかゆみです。

ミノキシジルには、血管拡張作用や細胞を活性化する作用があるため、塗布した部位に違和感を覚えるような副作用が起こりやすいと考えられています。

また、血圧に異常がある人は副作用が強くでてしまう可能性があるため、使用前には医師に相談してください。

この他にも、下記に該当する人も使用前に医師に相談する必要があります。

  • 高血圧または低血圧の人や、血圧のクスリを服用している人
  • 腎臓、肝臓、心臓に障害がある人
  • 甲状腺機能障害の診断を受けている人
  • ひどいむくみがある人
  • 65歳以上の高齢者

リグロースラボM15は薄毛を改善する強い味方です。

しかし、効果がある反面、副作用のリスクもあるため、正しく使うよう心がけることが大切です。

万が一、副作用などの症状がでてしまった場合は、すぐにかかりつけの医師または薬剤師に相談してください。

女性と未成年はリグロースラボM15は禁止

使いたいと思っていても、使用に適さない人もいます。

それは、女性と未成年(20歳未満)

リグロースラボM15は、男性特有のAGA(男性型脱毛症)という薄毛症状のための育毛剤です。

リグロースラボM15は男性用として販売されているので、女性は使用を控えましょう。

また、AGAは主に壮年期(30歳~)以降にあらわれる症状と考えられているため、未成年が安全に使用できるかどうか十分な研究がされていません。

思わぬ副作用が引き起る可能性があるため、未成年は使用しないようにしましょう。

リグロースラボM15の体験口コミをまとめた!

リグロースラボM15はまだ発売間もないため、まだ口コミの数は少ないですが、その中から厳選した口コミをまとめてみました。

リグロースラボM15のコスパの良さから、乗り換えで購入してみる人が多く、爆発的な人気商品になりそうな予感がします!

他の商品が肌に合わなかったので、今回はリグロースラボM15を試してみました。

頭皮が透けて見えるのが気になっていましたが、使っているうちに目立たなくなってきたようです。思ったより早く効果が実感できたので、これからもしばらくは使い続けてみようと思っています。

ミノキシジルが15%なのに他のより安いのがいいですね。
効果は今まで使っていたフォリックスFR15と同じ感じです。
かゆくならないので、もう一本使ってみようと思います。

効果を感じるという口コミです。

リグロースラボM15は、2~4ヵ月くらい使わないと効果を実感できないことが多いですが、すぐに効果を実感できたという口コミもありました。

ミノキシジルは濃度が高いほど効果も高いとい研究結果もあるので、リグロースラボM15の高濃度ミノキシジルが効いているようです。

また、同じメーカーから発売されているフォリックスFR15からの乗り換えでも、同じ効果を実感できるという人も多くいました。

フォリックスFR15とくらべるとサラサラな液体でした。
すこしだけ酸味系の匂いがありますが、塗った後も30分くらい経てば気にならなくなります。

なにより、ミノキシジル15%でこの価格はありがたい!
フォリックスFR15と効果をくらべてこちらが良ければリピートしたいと思います。

今までのミノキシジル育毛剤はかゆくなりましたが、こちらの商品はかゆくなりませんでした。かゆくならないのは個人的に最大のメリットです。

塗りすぎると髪がゴワゴワしてしまうのが気になりますが、整髪料代わりとして使えるので問題ありません。

リグロースラボM15は使用感も高評価。使い心地は問題ないですね。

他のミノキシジル製品でかゆみがでた人も、リグロースラボM15ではかゆみが出ないという口コミがたくさんありました。サポート成分として配合されているトリコーゲンが効いているのか、他のものとは一味違う使用感の商品のようです。

フォリックスと同じでやっぱり痒みが出ますの使用をやめました。
多分自分の肌が弱いせいだと思いますので参考にならないかもしれません。

ただ、かゆみが出てしまったという人もいます。副作用がでるかどうかは体質によるところが大きく、他のミノキシジル製品が大丈夫でもこちらがダメということもあります。

付属品で、スプレーとスポイドと2種類ついている為直接頭皮にピンポイントでつけたり広範囲につけたりと便利そうです。肝心の効果はこれから楽しみにしております。

付属品として、スプレーノズルとスポイドの両方が付いてくるので、自分の使いやすい方を選んで使えるのはメリットですね。

口コミをまとめると全体的に高評価でした。ミノキシジルが高濃度15%で配合されているのに低価格なのでコスパの高さが人気の秘密のようです。

使い心地も問題ないので、今使っている製品から乗り換えたという人もたくさんいました。

まとめ

  • ミノキシジル15%の高濃度配合
  • サポート成分としてトリコーゲン配合
  • ミノキシジル育毛剤ではコスパ最強
  • リポソーム技術で浸透力と持続性アップ
  • 副作用で一番報告が多いのはかゆみ
  • ニオイやベタつきは少なく使い心地は良い
  • スプレーノズルとスポイトが付属

リグロースラボM15の特徴をまとめるとこんな感じでした。

ミノキシジル15%とトリコーゲンが配合されているのに、低価格で購入可能なコスパの良さが魅力ですね。

ミノキシジル15%配合の中では、現時点では最安レベルの価格なので、出費を抑えて高濃度のミノキシジルが欲しいという人にピッタリです。

使用感が良いという口コミが多く、副作用の報告も少ないので安心して使用できると思います。

スプレーで広範囲、スポイトでピンポイントに、というように目的に応じて使い分けられるノズルがついてくるのもありがたいですね。

リグロースラボにはミノキシジル濃度が5%と7%のものあるので、髪の状態に合わせて好みの商品を選ぶのがおすすめです!

リグロースラボM15の購入はこちら ⇒