ミノキシジル配合育毛剤のおすすめはリアップでOK?

380628 1

ミノキシジルを含んでいる育毛剤でおすすめをよく聞かれます。一番有名なのはリアップですが、一番おすすめできるかというと答えはNOです。

私がおすすめするのは、ロゲインでもなく、カークランドでもなく、ジェンヘアーでもなく、スペクトラルDNCでもない、ポラリスです。

おすすめする大きな理由は以下の通り!

  1. リアップより安い
  2. 生え際に効果が期待できる
  3. 頭皮への浸透率がいい
  4. ミノキシジル濃度を選べる
  5. 育毛成分がミノキシジルだけじゃない

後述しますが、はっきりいってリアップは成分の割りには高いです!有効成分はミノキシジルのみ。頭皮に浸透させる技術もなし。ミノキシジルの最高濃度は5%で、それが効かなかったらお手上げ状態。

それに比べると、ポラリスはリアップより安いし、生え際に効果が期待できるりんごポリフェノールが含まれています。また、ただ単に塗りつけるのではなく、カプセル化されて、頭皮に浸透しやすくしています。どんなに塗りつけても頭皮に浸透しなければ、何の意味もないですからね。

塗布型の育毛剤の数十%は頭皮に浸透せず、蒸発してしまうと言われています。浸透率大事!

さらに、ポラリスのラインナップは以下の通り。

  • NR-07 ミノキシジル5%
  • NR-08 ミノキシジル7%
  • NR-09 ミノキシジル15%
  • NR-10 ミノキシジル16%
  • NR-11 ミノキシジル12%

濃度が高いとそれだけ副作用のリスクは高まりますが、気になる生え際だけミノキシジル16%で頭頂部は5%とか、朝は5%で夜は16%とか副作用リスクを回避するために工夫して使用することが可能です。口コミをみるとそうした使い方をしている人は多いです。

なぜ生え際にリアップが効かないかというと、浸透率とミノキシジル濃度が関係してきます。

頭頂部に比べて生え際はミノキシジルが浸透しにくいと言われています。そのため、浸透したわずかな量でも効果を発揮するためには濃度が高くないといけません。

そうした悩みを解決してくれるのが、今のところポラリスシリーズだけになります。

 

リアップをおすすめしない理由

  1. やたら高い
  2. 生え際に効果が薄い
  3. 頭皮への浸透率が悪い
  4. ミノキシジル濃度は5%まで
  5. 育毛成分はミノキシジルだけ

リアップはいま水谷豊さんがCMしていますよね。テレビのCM費用って大体どれくらいかご存知でしょうか?

CMの制作費&出演者のギャラ&CM放映費…全国ネットの有名な番組だと30秒流すのに500万以上かかかります。報道ステーションで700万、相棒で800万と言われています。アメリカのスーバーボウルだと4億1000万とか…すごい。

つまり、開発製造以外にこうした宣伝費も価格に含まれてくるのです。原価の何倍ほど価格に上乗せしているのか!?

同レベルの海外ミノキシジル配合育毛剤と価格比較したら、いかにリアップが高いかがわかります。

更新
リアップx5 ロゲイン カークランド ポラリス
NR-07
容量 60ml 60ml 60ml 60ml
販売本数 1本 2本 2本 1本
販売価格
一日あたり
月間費用
年間費用

※月間費用は31日で計算しています。
※年間費用は365日で計算しています。
※「リアップx5」はケンコーコム、その他は私が利用しているオオサカ堂の価格です。

あとは、さきほど書きましたが、頭皮に浸透させる技術がない&ミノキシジル濃度が5%なので生え際の薄毛にお悩み解決にはならない。&りんごポリフェノールなどの強力なサブ成分がないことがポラリスに劣る理由になります。

 

その他のミノキシジル配合育毛剤よりポラリスをおすすめする理由

ロゲイン

  1. 生え際に効果が薄い
  2. 頭皮への浸透率が悪い
  3. ミノキシジル濃度は5%まで
  4. 育毛成分はミノキシジルだけ

ロゲインはリアップと成分は全く同じミノキシジルのみ配合です。ミノキシジル濃度も5%が最大なので、リアップのアメリカ版と思ってもらえればOKです。

価格は安いですが、「生え際への作用」「頭皮への浸透率」「ミノキシジル濃度選択」がポラリスより劣ります。

カークランド

  1. 生え際に効果が薄い
  2. 頭皮への浸透率が悪い
  3. ミノキシジル濃度は5%まで
  4. 育毛成分はミノキシジルだけ

カークランドはロゲインのジェネリック版です。ジェネリックのため、今回紹介しているミノキシジル配合育毛剤の中では最安値。

ただし、こちらも「生え際への作用」「頭皮への浸透率」「ミノキシジル濃度選択」がポラリスより劣ります。

ジェンヘアー

  1. 頭皮への浸透率が悪い
  2. 育毛成分はミノキシジル以外にあるけどポラリスの勝ち

ジェンヘアーの特徴はミノキシジル15%の製品があること。種類も豊富ですが、「生え際への作用」「頭皮への浸透率」ではポラリスに劣ります。

スペクトラルDNC

  1. ミノキシジル濃度は5%まで
  2. 育毛成分はミノキシジル以外にあるけどポラリスの勝ち

スペクトラルDNCの特徴は「頭皮への浸透率」です。しかし、ミノキシジルの濃度は5%が最大。「生え際への作用」「ミノキシジル濃度選択」がポラリスより劣ります。

 

ミノキシジル配合育毛剤ではロゲインが一番人気!総合ならポラリス!

380701 1

ポラリスを総合的におすすめしていますが、リアップを除く製品で一番売れているのはロゲインです。ジェネリックではないし、リアップより遥かに安いし、知名度があるので、初めてミノキシジルを使用する初心者からの人気が高いです。

次に人気があるのはポラリスNR-09。ミノキシジル15%と頭皮に有効成分を最大限に吸収させるLeposphereテクロノジーで、生え際が薄い人向けの育毛剤です。

その次がポラリスNR-08。ミノキシジル7%なので、リアップやロゲインで効果が感じれなかった人が次に試すには絶好の濃度ですね。

と、ポラリスシリーズ総合なら人気はロゲインに勝ります。

さらに続くのがポラリスNR-10。これは薄毛が5年以上続いている人向けの育毛剤です。ミノキシジルは16%で最高レベル。これにはプロペシアで有名なフィナステリドも0.1%含まれています。

フィナステリドを頭皮に塗って効果があるのかはわかりませんが、唯一クリームタイプで使いやすいと評判です。

薄毛が進行している人が最後に試みるのが、NR-10とプロペシアのコンビです。病院で治療するとしても、このコンビで治療していくのが王道ですね。

ミノキシジルとフィナステリドは日本皮膚科学会からも男性型脱毛症(AGA)の治療として、強くすすめている成分です。副作用リスクはありますが、現在の薄毛治療では最強コンビと言えるでしょう。

380628 2

オオサカ堂ではセットで注文するとお得な価格になっていますよ。アイドラッグやベストケンコーではセットで買えないので、私が知る限り大手サイトではオオサカ堂だけじゃないかな。


[NR-10]ミノキシジル16%1本+プロペシア1mg28錠1箱

 

まとめ

実際に売れているミノキシジル配合育毛剤はリアップですが、ロゲインやポラリスが次いで売れています。売れているといっても、日本では普通に購入することはできませんので、購入を検討しているなら個人輸入仲介サービスを利用しましょう。

個人輸入は自分で使用する分なら厚生労働省が認めてるので、違法ではありません。転売したら違法ですから絶対ダメですよ。

私はかれこれ2年ほどオオサカ堂のお世話になっています。大手で安心、低価格でサポートも良し!個人輸入仲介サービスでは、アイドラッグストアーやベストケンコー、くすりエクスプレスなどありますが、オオサカ堂が一番安定していますね。

現在私は、ミノキシジル配合育毛剤ではポラリスNR-07を使用中!ミノキシジル5%でリアップやロゲインと同じだけど、「生え際への作用」「頭皮への浸透率」「ミノキ以外の育毛成分」を考慮して選びました。

今のところ大丈夫ですが、「薄くなったな~」と感じたらポラリスNR-08にするかな。そうしてレベルごとに選べるのもポラリスシリーズのいいところ。

リアップやロゲインが効かなかった人は、ポラリスをお試しになってはいかがでしょう?

最後に復習で、ポラリスをおすすめする理由は?

  1. リアップより安い
  2. 生え際に効果が期待できる
  3. 頭皮への浸透率がイイ
  4. ミノキシジル濃度をレベルに合わせて選べる
  5. 育毛成分がミノキシジルだけじゃない


私はこのコンビ「ポラリスNR-07+プロペシア」