海外医薬品を個人輸入するなら利用したい代行会社は?

【2015/06/24 追記】
現在、旧URLのオオサカ堂で注文できません!URLが変更されたためです。Yahoo!やGoogleの検索結果にまだ新URLが反映されていません。

下記バナーからはつながりますのでご確認ください(クリック)↓↓↓

※問題なく購入できることを確認済です。


海外医薬品を個人輸入するのは、英語に堪能じゃないと絶対無理とは言いませんが、手間などを考えるとかなり大変だと思います。

英語が話せても税関とかの手続きが非常に面倒です。また、素人が個人輸入をすると騙される確率が高くなります。

個人輸入

そこで利用したいのが個人輸入代行会社です。安心して海外医薬品を購入でき、面倒な手続き等を代行してくれるのが個人輸入代行のお仕事になります。言わば、個人輸入のプロ。

この個人輸入代行ですが、ネットが普及してから多くの業者が介入しています。どこが良いの?と迷った場合は大手を選んでいれば間違いないとは思いますが、私なりの選択ポイントとおすすめの個人輸入代行ベスト3を紹介していきたいと思います。

個人輸入と言えば、難しいイメージを持つかもしれませんが、個人輸入代行会社を利用すれば、海外医薬品が気軽に個人輸入することができます。

英語がチンプンカンプンでもパソコンの入力ができれば、海外の激安ジェネリック医薬品や最新の医薬品を入手することができます。

欲しい医薬品が決まっているのであれば、個人輸入代行会社の利用を検討してみてください。

 

個人輸入代行業者の選定ポイント

クレジットカード決済機能はあるか?

クレジットカードを利用できるということは、カード会社からの審査を通過したということです。

審査には通常、一次審査、二次審査とあり、法律に違反していないか、サイト内容や企業情報が調査されます。

審査に通過してクレジットカード決済機能が可能なサイトは、WEBサイトとして最低限のマナーが守られているということです。

まずは、大きく振り分けるためにクレジットカード決済が可能かどうか私は確認します。

大手の個人輸入代行業者では、まず間違いなく対応していますが、小さな会社だと対応していないサイトもたくさんあります。

クレジットカード決済機能の有無は会社としての信頼を図る上で、結構重要かな0と思っています。

成分鑑定書を商品ページに掲載しているか?

厚生労働省のホームページでも個人輸入品の偽物に注意するよう載せられています。

日本で認可されていない海外医薬品の個人輸入は法律で認められていますが、すべて自己責任になります。偽物が届いたって国は助けてくれません。

とはいえ、偽物に注意するといっても届いた商品を自分で成分鑑定できる人はまずいないでしょう。

であれば、あらかじめ個人輸入代行会社が成分鑑定を行なっているサイトを利用しましょう!ということです。また、その証拠(成分鑑定書)を商品ページにアップしている会社を選ぶことが重要です。

「専門の薬剤師が鑑定しています」とサイトに書かれていても、証拠なんて何もありませんので、信じてはいけません。

私は、きっちり鑑定書をアップしているサイトかどうかを確認します。

しかしながら、成分鑑定は義務ではないので、すべての医薬品の成分を鑑定している個人輸入代行会社は存在しません。もし全ての医薬品を鑑定していたら赤字決定です。

そのため、現状は人気医薬品の鑑定のみとなっていますが、成分鑑定を行なっている会社はそれだけ利用者の立場にたってサービスを提供している会社ということで信頼できます。

海外医薬品の個人輸入という不安を取り除いてくれる会社が、今後も伸びていくものと思っています。

サイト内で購入者の口コミを掲載しているか?

海外医薬品の口コミ情報は国内医薬品に比べたら圧倒的に少ないのが現状です。

そのため、実際に購入した人からの口コミをサイト内(商品ページ)で載せてくれている個人輸入代行は非常に参考になります。

また、口コミ件数が多いということは人気医薬品という判断もできますし、そのサイトの利用者が多いということもわかります。

さらに、口コミ件数は日々の蓄積なので、多いサイトは老舗の個人輸入代行ということが言えます。

やっぱり、トラブルなく継続して経営している会社をみなさん利用されています。口コミ件数は人気のバロメーターなので、購入者の口コミを載せることはサイト選定ポイントとして非常に役立つ情報になっています。

過去に不祥事をおこしていないか?

これは個人輸入代行業界に限らないと思いますが、過去に不祥事がある会社は極力避けた方がいいでしょう。

不祥事は会社経営意識が低い証拠なので、利益を最優先に考える会社というイメージがあります。そうなると取り扱う医薬品の真偽も疑ってしまいます。

そういう会社は、利益を増やすため経費を抑えた経営を行います。そうなると、製薬元がわからない薬や把握していないルートから取り寄せた質の悪い薬などが混入する確率は高まります。

できれば、不祥事のない会社を選択しましょう!その意識がトラブルを避ける要因になってくると思います。

 

海外医薬品を個人輸入するならどこ?

私が個人輸入代行サイトを選ぶポイント全てをクリアしているのはオオサカ堂だけです。

現在、育毛商品をメインにフル活用中!

 

価格も他の個人輸入代行会社と比較すると最安値レベルです。もちろん、送料無料!

ヘビーに利用していますが、これまで商品が届かない等のトラブルはこれまで一切ありません。不明点をメールで問い合わせてると大体一日以内で返信があります。

このオオサカ堂はJISAというサイトも企画していますが、ネット環境から利用しやすいサイトはオオサカ堂になります。頻繁にリニューアルされており、ユーザビリティを高めていっています。

ポイント制を導入したり、購入者のレビューを集ったり、スタッフブログを開設したり、twitterでキャンペーン情報を発信したりと、新しいサービスを提供してくれるのがオオサカ堂の特徴です。

それに対して、JISAは電話での注文ができることが一つの特徴で、ネット環境がない人や年配の人をターゲットにしたのがJISAという感じです。(もちろんネットからも注文はできます)

ターゲットが異なりますが、当サイトをご覧頂けるということネット環境があるということなので、サイトのサービスが充実しているオオサカ堂の利用をおすすめします。

なんでもそうですが、業界最大手を利用するのが無難。最近ツイッターで情報を検索するんですが、オオサカ堂で検索してると、他の同業他社より利用者の数が圧倒的に違います。他は検索してもヒットしないとか…。オオサカ堂は一人勝ちなんじゃないかな!?

プロペシアなどの価格を徹底調査!最安値は一体どこ!?」で少しだけ、ツイッターの検索結果を紹介していますので、ご覧ください(^^♪

 

まとめ

小さなサイトを含めれば、医薬品を取り扱う個人輸入代行サイトはたくさんあります。サイトを見た感じで「アウト!」というサイトもたくさんあります。「個人が副業レベルで立ち上げたサイト!?」といった不安しか芽生えないサイトもあります。

個人輸入会社は、悪徳業者が非常に多い業界でもあります。あまり有名でないサイトを利用するのは極力避けたほうがいいでしょう。

今回私が紹介したオオサカ堂は、医薬品の個人輸入代行業界では最大手です。取り扱う医薬品の数もトップレベル。初めて個人輸入で医薬品をゲットするなら、真剣に忠告します!「大手のサイトにしましょう!」と。

やはり利用者が多いサイトが一番安心できます。不祥事があると2chで叩かれますから、発見しやすいというのもあります。小さな会社だと誰も叩かないし、気付かれないこともあると思います。よく検討してくださいね(^^♪

最後になりますが、海外医薬品の個人輸入が認められているのは自分が使用する分だけです。転売等は絶対にNGです。また、トラブルが起こっても、全て自己責任の世界になります。

自分で個人輸入しないのであれば、代行会社を選ぶのも自己責任なので、大手の会社以外を利用する場合は、十分注意してください!

オオサカ堂@私の愛用サイトは ⇒