デュタスの効果と副作用 etc.


→ とりあえず、デュタスの口コミと価格をみてみる(クリック)

デュタスとは?

デュタスとは、プロペシアより男性型脱毛症(ハゲ)に効果があると言われている「アボダート」のジェネリック医薬品です。製薬はジェネリック大国のインドの会社「Dr.Reddy’s Laboratories」が行なっています。世界でもトップ10に入るジェネリック医薬品の開発・製造・販売会社です。

売上高は1,300億円を超え、その31%を北米、22%を欧州、15%をロシア、32%をインドを含むその他地域で占めており、2011年には日本の富士フィルム株式会社とも業務提携している世界的に信頼のある会社になります。

デュタスもアボダートと同様に有効成分は「デュタステリド」で、プロペシアの有効成分である「フィナステリド」より効果の高い成分でできています。

では、効果の違いについてみていきましょう。

デュタスの効果はプロペシアより上!?

どちらも脱毛を引き起こす「5αリダクターゼ」という酵素を抑制します。この「5αリダクターゼ」にはⅠ型とⅡ型があり、プロペシアの有効成分であるフィナステリドはⅡ型しか抑える力を持っていません。

それに対して、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方を抑える力を持っています。

「5αリダクターゼ」のⅠ型とⅡ型を抑えることのできるデュタスは、Ⅱ型しか抑えることのできないプロペシアより1.5倍の効果があると言われています。

プロペシアに代表される「フィナステリド」が男性型脱毛症(ハゲ)の画期的な治療薬として注目を浴びてきましたが、その影に隠れて「デュタステリド」も育毛活動の玄人に人気を集めてきました。

実際に、プロペシアではあまり効果がでなかったが、アボダートやデュタスに変えて効果がグイ!と上がったという口コミやレビューをよく目にします。

 

デュタスの副作用は?

130802 4

「5αリダクターゼ」を抑える効果は同じなため、副作用の症状もプロペシアと非常に似ています。

いずれも発症率は5%未満となっており、症状も軽微なため、それほど深刻な問題はありません。

  • 性欲の減退
  • 勃起率低下
  • 精液の減少

もっとも注意する点としては、デュタステリドは長期間使用すればするほど耐性がつく可能性が高く、より多く摂取しないと効果がなくなるというリスクがあります。

摂取しなくなれば、以前よりもひどい薄毛の状態へと後退してしまう可能性もあります。

プロペシアより効果がある分、こうしたリスクはありますが、必ずしもすべての人に該当するわけではありません。

また、口コミなどをみてみると、デュタス利用者はいろいろと耐性がつかない工夫をされているようで、デュタス→プロペシア→ミノタブと期間ごとに切り替えて服用している人もいらっしゃいます。

”耐性からのさらなる薄毛進行”というリスクを考えると、個人的には”プロペシアでダメな場合の最終手段”という位置付けが良いかもしれません。

デュタスの使い方は?

130802 1

プロペシアは1錠あたりフィナステリドを1mg含んでいるのに対し、デュタスは1錠あたりデュタステリド0.5mg含んでいます。

含有量は半分ですが、デュタステリドの効果はフィナステリドより強力なため0.5mgでも十分な効果を発揮します。

用量を増やすことで効果が高まる試験データもありますが、その分副作用、および、耐性のリスクは高まります。

より高い効果を求める場合は、日本皮膚科学会が最高ランクでおすすめするフィナステリド+ミノキシジルのW効果をおすすめします。病院でのAGA治療でも、ほぼこの二大成分で治療を行います。

日本皮膚科学会 男性型脱毛症(AGA)の診療指針
治療の推奨度 治療内容
A:強く勧められる ミノキシジル外用(男性5%,女性1%)
フィナステリド内服(男性)
B:勧められる 自毛植毛術
C1:考慮してもよいが、十分な根拠がない 塩化カルプロニウム外用
医薬部外品・化粧品の外用育毛剤
C2:根拠がないので勧められない 飲み薬の1種類(セファランチン)
D:行わないよう勧められる 人工毛植毛術
フィナステリド内服(女性)

ミノキシジルとフィナステリドの併用は、デュタスを一般的な用量以上摂取するよりも副作用等のリスクは抑えられますし、デュタス以上に効果があると私は考えます。

日本皮膚科学会は、カネボウの美白クリーム問題(白斑問題)でもいち早く対策ガイドラインを公表し、マスコミはこれを取り上げ、注意を促していました。報道で取り扱う情報のため、日本皮膚科学会が公表するガイドラインの信頼度は高いと言えます。

ミノキシジルの濃度が選べ、前頭部にも効果が期待できるポラリスとプロペシアのセット商品をここでご紹介しておきます。

  

左)ポラリスNR-07ミノキシジル5%+プロペシア
中)ポラリスNR-08ミノキシジル7%+プロペシア
右)ポラリスNR-10ミノキシジル16%+プロペシア

デュタスの口コミは?

130820 1
やはりプロペシアやエフペシア、フィナロから乗り換える人が多いようです。プロペシアなどのフィナステリド系では現状維持止まりの人がデュタステリド系の効果を期待して乗り換えるといった感じです。

実際に「プロペシアやエフペシアより効果がある」という口コミをよく目にします。
当サイトでは、オオサカ堂とその他個人輸入代行の”実際に購入した方”の最新口コミを毎日更新しています。良い口コミも悪い口コミも関係なく、機械的に更新しています。

購入を検討されている方は、生の体験談を参考にしてみて下さい。

 

デュタスの価格は?

【追記】
オオサカ堂ではデュタスの取り扱いが停止になりました。デュプロストを取り扱うようになったからでしょう。

デュプロストはより大手のシプラ社で製薬されているため、信頼度が高いです。下記の価格表もデュプロストに変更しております。

プロペシア アボダート デュプロスト
錠数 28錠 30錠 100錠
価格 5,790円 6,080円 5,893円
1錠あたり 206円 202円 58円
月間費用 6,386円 6,262円 1,740円
年間費用 75,190円 73,730円 20,880円

デュタスの低価格さが際立っています。やはりジェネリック医薬品は安いです。オオサカ堂では300錠のみの販売となっていました。以前は30錠と150錠を取り扱ってたのでまた変わるかもしれませんね。

 

デュタスはどこで買うのが一番安い?

海外育毛剤を安心してネットで買えるサイトと言えば、個人輸入代行の最大手オオサカ堂です。

このデュタスは、超円安時代で300錠14,736円です。1日(1錠)換算したら、49.12円になります。

価格は為替の影響を受けるので、円高になればかなり安くなりますね。前は1ドル100円程度で推移してたのに…個人輸入する人にとっては、ちょっと打撃です(_ _|||)

ちょっとネックなのが、オオサカ堂ではデュタスが300錠売りなんですね。「そんなにいらないよ」って方は、デュプロストっていう似たような商品があります。こちらは100錠、200錠、300錠の取扱い。


→ 主成分は全く同じデュタステリド0.5mg配合
check!

オオサカ堂は、創業18年の実績がある、業界では超優良企業です。ツイッターで検索しても、利用者が多いのがわかります。

最近のリアルな情報収集はツイッターでしてます(∩.∩)
2chはリアルではないですからね。嘘を投稿する人が多い。ツイッターはまさに個人の本音をつぶやきやすい、いいツールだと思います。

 

デュタスの副作用(耐性)が気になる方へのおすすめは?

デュタスの耐性が気になる方は、やはりプロペシアやエフペシア、フィナロの服用をおすすめします。

効果は弱まりますが、耐性後の薄毛の進行というリスクは低くなります。さらに発毛効果を期待するのであれば、ミノキシジルとの併用を行えば問題ないと考えます。

ミノキシジルについては、前頭部の薄毛にお悩みの場合は、さきほど紹介したポラリスをおすすめします。

ミノキシジルの育毛剤には、リアップやロゲインなどがありますが、生え際に効果はあまり期待できません。

ポラリスには、生え際にも効果が期待できる「りんごポリフェノール」が配合されているため、前頭部やM字部にお悩みの方は試してみる価値はあると思います。

 

ともあれ、抜け毛を引き起こす「5αリダクターゼ」のⅠ型とⅡ型の両方を抑制するデュタスは、医学的にもプロペシアより効果が期待できます。

あとは耐性問題をどう捉えるかが、購入する判断基準になると思います。

はじめて医薬品でのAGA治療をする方にはデュタスはおすすめしません。初心者の方には、国内でも海外でもAGA治療薬としてきちんと認可されている先発医薬品のプロペシアをおすすめします。

AGA治療の基本であるプロペシアを一定期間体験してから、効果の基準を作りましょう!

そこから、「プロペシアのジェネリック医薬品でも効果は同じか?」「デュタスはプロペシアより効果があるのか?」ということがわかってくると思います。

育毛活動は焦らずゆっくり継続することが大事です。ヘアサイクル的にも即効果はあらわれません。筋トレしてすぐに体が作られないのと同じです。

ハゲの不安から解放されるためにも、適切な育毛活動を一緒に行なっていきましょう!


⇒ デュタスは取扱停止のためデュプロストに変更(クリック)