⇒ アボダートと同成分で安価な商品があるので口コミを見よう!(クリック)

アボダートとは?

アボダートとは、デュタステリドを主成分とした飲む育毛剤です。フィナステリドを有効成分とする育毛剤はプロペシアですが、アボダートはフィナステリドより効果があるとされる「デュタステリド」を主成分としています。

アボダートはイギリスのグラクソ・スミスクライン社が販売している医薬品で、もともと前立腺肥大症の治療を目的として日本の厚生労働省にあたるアメリカのFDAが認可した医薬品となります。韓国では正式に男性型脱毛症治療薬として承認されており、日本でも前立腺肥大症の治療薬として2009年に厚生労働省から認可されています。

なぜ、「フィナステリド」より「デュタステリド」の方が男性型脱毛症(ハゲ)に効果があるのでしょうか?

どちらも脱毛を引き起こす「5αリダクターゼ」という酵素を抑制します。この「5αリダクターゼ」にはⅠ型とⅡ型があり、「フィナステリド」はⅡ型しか抑える力を持っていません。それに対して、「デュタステリド」はⅠ型とⅡ型の両方を抑える力を持っているため、フィナステリドより強力な効果を発揮するのです。

体験者の口コミを見てみる ⇒

 

アボダートの効果は?

ミノキシジルタブレットの効果「5αリダクターゼ」のⅠ型とⅡ型を抑えることのできるアボダートは、Ⅱ型しか抑えることのできないプロペシアより、1.5倍の効果を発揮します。

プロペシアが男性型脱毛症(ハゲ)の画期的な治療薬として注目を浴びてきましたが、アボダートの登場で世代交代の危機に直面しています。

それくらいアボダートの育毛効果は強力なもので、期待が非常に高まっています。実際、プロペシアではあまり効果がでなかったが、アボタードに変えて効果を実感したという口コミやレビューを最近よく目にします。

 

アボダートの副作用は?

「5αリダクターゼ」を抑える効果は同じなため、副作用の症状もプロペシアと非常に似ています。
いずれも発症率は5%未満となっており、症状も軽微なため、それほど深刻な問題にはなっておりません。

  • 性欲の減退
  • 勃起率低下
  • 精液の現象

効果がプロペシアより強力ということで、プロペシアより副作用のリスクが高くなると言われていますが、それを裏付ける根拠は今のところ報告されておりません。

尚、アボダートはステロイド系の医薬品のため長期間服用すると耐性がつく場合があります。その場合、用量を増やして服用する方がいますが、副作用のリスクを高めるため、用量増加については十分ご注意ください。

 

アボダートの用法は?

009645プロペシアは1錠あたりフィナステリドを1mg含んでいるのに対し、アボダートは1錠あたりデュタステリド0.5mg含んでいます。

含有量は半分ですが、デュタステリドの効果はフィナステリドより強力なため0.5mgでも十分な効果を発揮します。

用量を増やすことで効果が高まる試験結果が報告されていますが、その分副作用のリスクは高まります。用量を増やす場合は健康状態を考慮し、ゆっくりと少しずつ増やすようにしましょう!!

 

アボダートの価格は?

プロペシア アボダート
錠数 28錠 30錠
価格 5,667円 3,724円

30錠入りで3,724円となっています。1日あたり124円ほど。プロペシアは28錠入りで5,667円ですので、お求めやすい価格になっています。

プロペシアで効果があまり実感できなかった方には、より効果があらわれるアボダートの服用をおすすめします。顔が違うように毛根も人それぞれ違います。そのため、どの育毛剤が自分に合っているかは試してみないとわかりません。
20代のうちに自分に合った育毛剤を選定し、早めの対策を行なっていきましょう!!


参考になる体験者の口コミを見てみる(クリック)